塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装以外の工事 > ブリード現象とは?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

ブリード現象とは?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

皆様こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

今日も蒸し暑いですね

外に少し出ただけで頭皮がじりじりと焼かれてる感じがしました

外に出ている営業さんや現場の職人さんが熱中症にならないか心配になったので

塩飴を注文しました!

皆さんも外出される際は気を付けてくださいね

 

さて、今回はブリード現象についてお話します♪

 


 

 ブリード現象とは 

コーキング材に含まれている可塑剤(かそざい)」がにじみ出ることで

コーキングやコーキングと接触する部分に汚れが付きやすくなる現象のことです。

 

※可塑剤(かそざい)とは

コーキング剤に柔軟性を与えるものです。

気温変化による収縮が起きたときに、ひび割れや剥がれを起こりにくくしてくれます

 

 

 

可塑剤の入ったコーキング材を使用すると

変色したり、表面にベタつきが発生し、ホコリやゴミなどの汚れが付着しやすくなります。

 

ブリード現象は美観が損なわれるだけでなく

耐久性も低下してしまうので早めの対策が非常に大事になってきます

 

次にブリード現象を防ぐための対策についてご紹介します!

 

 

 ブリード現象を防ぐには? 

・ノンブリードのコーキング材を使用する

 

カナルペイントで使用している

ブリード現象を防ぐ効果があるシーリング材がこちらです。

サンライズのコーキング材【SRシール NB50】です!

こちらのコーキング材はノンブリードタイプになっているので

目地汚れが起きにくい特長があります ✨

 

接着性に優れているため、しっかり建物を雨水から守ります

SRシール NB50「低モジュラス」というよく伸びる柔らかいコーキング剤なので

気温や環境によって動きやすいサイディングにおすすめです!

 

※低モジュラス

伸びたり縮んだりしたシーリング材が、元の形に戻ろうとする力のことです。

 

 

 

ブリード現象は外壁の塗装にまで変色が広がってしまうことがあるので

なるべくお早めに補修することをおすすめします!

ブリード現象が心配な方は是非一度カナルペイントへご相談にいらしてくださいね

 

 

岡崎市内、西尾市内、その他近隣地域にお住いの方はぜひカナルペイントにご相談ください!

カナルペイントを選んでいただいたお客様の塗装実績はこちら

見て、触って、体感できる!ショールーム予約はこちら

無料診断、見積依頼はこちら