塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 外壁塗装の目安期間はどのくらい?工事にかかる日数や工程も解説

外壁塗装の目安期間はどのくらい?工事にかかる日数や工程も解説

塗装の豆知識スタッフブログ 2024.03.29 (Fri) 更新

 

外壁塗装の期間の目安はどのくらい?

外壁塗装の施工期間は、さまざまな要因によって影響を受けます。以下にそれぞれの要因を詳しく説明します。

 

建物の大きさと複雑さ

・建物の大きさや形状、複雑さは、施工期間に直接影響します。

・大規模な建物や複雑なデザインを持つ建物では、塗装作業により多くの時間が必要です。

 また、突出部や凹凸の多い部分など、塗装が難しい箇所も時間を要します。

 

塗装の範囲と塗料の種類

・塗装の範囲や塗料の種類によっても施工期間は異なります。

・建物の全面を塗装する場合は時間がかかりますが、部分的な修繕や補修を行う場合はそれほど時間がかからないことがあります。

・また、塗料の種類によっても施工期間が変わります。

 特に、乾燥時間の長い塗料や特殊な仕上げ技術を使用する場合は、それに応じた時間が必要です。

 

気象条件

・天候条件は外壁塗装の施工期間に大きな影響を与えます。

・雨や風の影響を受けやすい場合は、塗料の乾燥が遅れたり、作業が中断されることがあります。

・高温多湿な条件や低温の場合も、塗料の乾燥に影響を与えるため、施工期間が延びる可能性があります。

 

下地の状態

・外壁を塗装する前に、下地の処理や準備が必要な場合があります。 状態によってはその作業に時間がかかります。

 

外壁塗装の施工期間は一般的に1週間から2週間程度とされていますが、建物の状態や塗装の範囲、天候条件などによって異なります。外壁塗装を行う際には、業者との事前の打ち合わせや見積もりを通じて、施工期間についての詳細な情報を確認することが重要です。

 

 

外壁塗装の各工程ごとの流れと必要作業日数の目安

一般的な目安としては下記のようになります。

 

下地処理

・外壁塗装の最初の工程は、下地処理です。これには、古い塗膜の剥離や剥がれた部分の補修、クラックや亀裂の補修などが含まれます。

・下地処理には、外壁の状態や修繕が必要な箇所によって時間が異なりますが、一般的には1〜3日程度の時間が必要です。

 

プライマーの塗布

・下地処理が完了したら、プライマーを外壁に塗布します。プライマーは、塗料の密着性を高めるための下地調整作業です。

・プライマーの塗布には、一般的に1〜2日程度の時間が必要です。

 

中塗り

・プライマーが乾燥したら、中塗りを行います。中塗りは、塗料の密着性を高めるとともに、塗装の均一性を確保する役割があります。

・中塗りの施工には、通常1〜2日程度の時間が必要です。

 

上塗り

・中塗りが完了したら、最終的な塗料を外壁に塗布します。この工程が上塗りです。

・上塗りには、一般的に2〜3日程度の時間が必要です。

 

仕上げ

・塗料の乾燥が完了したら、外壁塗装の仕上げを行います。これには、塗装面の清掃や最終的な仕上げ作業が含まれます。

・仕上げには、1日程度の時間が必要です。

 

以上が一般的な外壁塗装の工程とその作業日数の目安ですが、建物の状態や塗料の種類、天候条件などによって異なる場合があります。また、作業日数は工事現場の規模や作業者の人数などによっても変動します。外壁塗装を行う際には、業者との打ち合わせや見積もりを通じて、具体的な作業日数を確認することが重要です。

 

岡崎市の外壁塗装・屋根塗装ならカナルペイント

 

 

外壁塗装の工事は伸びる可能性もある?

状況によっては、外壁塗装工事が予定よりも伸びてしまうことがあります。理由としては下記のようなことが考えられます。

 

天候条件

雨や高湿度の日が続くと塗料の乾燥が遅れるため、施工上の理由から作業が中断されることがあります。

 

下地の状態

施工を始めてからひび割れや腐食が見つかった場合、修理するために追加で時間が必要となります。

 

作業の進行状況

予想以上に時間がかかる作業が発生することがあります。

例えば、基礎処理での作業など、手間のかかる作業が予想以上に時間がかかる場合があります。

 

工事の規模

外壁塗装の工事量や規模によっても工期が変わります。

大規模な建物や複雑なデザインの外壁は、より多くの時間と手間がかかる場合があります。

 

これらの課題が重なることで、外壁塗装工事の期間が予定よりも伸びていくこともあります。

 

 

外壁塗装工事期間の生活で意識すること

施工期間中は、以下のような点に関しても注意して生活することが重要です。

 

作業の進行状況の把握

工事の予定や進行状況を把握し、担当者とのコミュニケーションを取りましょう。

施工についての相談や変更がある場合には、迅速に対処するためにも情報を共有しましょう。

 

通行や駐車場の確保

塗装作業中は、建物周辺の通行や駐車場の確保が困難になる場合があります。

通行や駐車場の利用については事前にお客様と相談しながら行っていきます。

 

日程調整

外壁塗装工事が行われる期間中は、作業エリア周辺の移動や騒音が発生する可能性があります。

施工期間中はご自身の予定をよく確認して依頼しましょう。

 

窓やドアの開閉

外壁塗装の際には、窓やドアが一時的に塗装される箇所に近接することがあります。

塗装が乾くまでこれらの開閉を制限されることがあるため、日常生活に支障をきたさないように予め準備します。

 

安全の確保

塗装作業は高所で行われるため、周囲の安全を確保することが重要です。

特に子供やペットが工事現場周辺に立ち入らないよう、注意してください。

また、施工中はペットがストレスを感じないように、外にいる業者の姿が見えないよう雨戸を閉めるという方法もあります。

 

これらの点に留意することで、外壁塗装工事期間中の生活をより快適に過ごすことができます。

 

岡崎市の外壁塗装・屋根塗装ならカナルペイント

 

 

外壁塗装期間中の注意点

外壁塗装の工事期間中は、以下のことに注意する必要があります。

 

通行

建物の周囲や通行路が作業車両や材料、足場や作業用の工具などで普段よりも狭くなります。

通行する際には特に注意し、慎重に通過してください。

 

塗料の臭い

塗装工事中は塗料の臭いが強くなることがあります。

特に換気が悪い場所では、臭いに敏感な方だと気分が悪くなる可能性があります。その際は、十分な換気を行ってください。

 

近隣への配慮

外壁塗装工事は騒音や振動を伴う場合があります。

近隣の方には工事の予定を事前に通知し、できる限り配慮するように心がけましょう。弊社の場合は事前に近隣挨拶を行います。

 

天候の確認

塗装作業を行う前に天気予報を確認し、雨や風の予報がないかを確認します。

天候が悪い場合は塗装作業を延期する必要があります。

 

これらの注意事項を守ることで、周囲の安全を確保し、近隣の方とのトラブルを防ぐことができます。

 

 

外壁塗装におすすめの時期は?

外壁塗装をするタイミングは、一般的に以下のような場合が考えられます。

 

劣化や塗膜の剥がれが目立つ場合

外壁に劣化や塗膜の剥がれが見られる場合は、早めに外壁塗装を検討する必要があります。

劣化や剥がれが放置されると、建物の保護や外観に悪影響を与える可能性があります。

 

 色あせや汚れが目立つ場合

外壁の色あせや汚れが目立つ場合も、外壁塗装のタイミングとして考えられます。

新たな外壁塗装を行うことで、建物の外観をリフレッシュし、美観を保つことができます。

 

 年数が経過した場合

一般的に、外壁塗装の耐用年数は10年から15年程度とされています。

建物の外壁がそれ以上の年数経過している場合は、外壁塗装を検討する必要があります。

ただし、建物の状態や気候条件によって耐用年数は異なるため、定期的な点検やメンテナンスが重要です。

 

 季節の選定

外壁塗装を行うタイミングは、気候条件も考慮する必要があります。

一般的には春や秋が外壁塗装に適した季節とされています。

これらの季節は、塗料の乾燥や硬化が効果的に行われやすいため、塗装の仕上がりが良好になります。

 

 予算やスケジュールの余裕がある場合

外壁塗装は一定の費用と時間を要する作業です。

予算やスケジュールに余裕がある場合は、外壁塗装を計画しやすくなります。

特に、建物の大規模な改修やリフォームを行う際には、外壁塗装も同時に検討することが一般的です。

 

これらの要因を考慮して、外壁塗装を行うタイミングを選定することが重要です。建物の外観や保護、そして長期的な維持管理を考えて、外壁塗装の計画を立てましょう。

 

 

また、外壁塗装にお勧めの季節は気候が穏やかで乾燥している季節です。一般的には、春や秋が外壁塗装に適した時期とされていますので、下記に詳しく説明していきます。

 

春は多くの地域で外壁塗装に最適な時期とされています。

春の気候は穏やかで降水量が比較的少なく、温度も安定しているため、塗料が乾きやすくなります。

秋も外壁塗装に適した時期です。

秋は春と同様に穏やかな気候であり、湿度が低くなることが多いため、塗料が乾きやすくなります。 

 

外壁塗装を計画する際には、地域の気候条件や季節の変化を考慮し、最適な時期を選択することが重要です。また、外壁塗装の業者と相談し、適切な時期を決定することもお勧めします。

 

岡崎市の外壁塗装・屋根塗装ならカナルペイント

 

 

カナルペイントの外壁塗装の事例集

カナルペイントでは外壁・屋根塗装や防水工事も行っております。

施工順に事例を紹介させていただきますので、ご参考までにこちらもご覧ください。

 

 

施工前

 

高圧洗浄

 

外壁は時間が経つにつれて塵や土が外壁に付いて黒く汚れてしまったり、苔や藻によって緑色になってしまうことがあります。

このような汚れは高圧洗浄機などを使って綺麗に落としてから塗装を行います。

 

シーリング材充填

 

窓枠や外壁の継ぎ目にはコーキングを防水の為に充填しますが、これは経年劣化でひび割れたり剥がれてきてしまいます。

これを一度剥がし、もう一度充填することで機能を復活させます。

 

下塗り(錆止め塗装)

 

塗料を塗る前に、錆が発生しないよう下塗りを行います。中塗りや上塗りの密着性を高めるためにも行います。

 

中塗り

 

上塗りの際に色ムラや厚みに差ができないよう、中塗りで平滑に塗料を塗っていきます。

この時塗るのは上塗りにも使用する仕上げ塗料となります。

 

上塗り

塗料の効果を最大限に引き出すため、基本的には仕上げ塗料は二回に分けて塗っていきます。

また、目に見える面になるため表面は丁寧に仕上げていきます。

 

施工後

汚れもなくなり、塗装をしたことではっきりとした色になりました。

 

 

まとめ

工程ごとの期間
下地処理

塗装前の下地処理には、汚れや古い塗料の除去、クラックや穴の補修などが含まれます。

この工程には数日から数週間かかる場合があります。

塗装

実際の塗装作業は、建物のサイズや塗装の種類によって異なりますが、通常数日から1週間程度かかります。

乾燥と仕上げ

塗装後、塗料が完全に乾燥し、必要な仕上げ作業が行われます。これには数日から数週間かかる場合があります。

 

延長要因

予期せぬ問題: 作業中に予期せぬ問題が発生する場合、追加の時間が必要になります。

 

契約や許可手続きの遅れ

契約や手続きが遅れると、工期が延びることがあります。

 

計画と調整

事前の計画と調整が重要です。施工業者との密な連携により、スケジュールの確定や作業内容の調整を行います。

天候予報の確認や作業の進捗状況を定期的にチェックし、必要に応じて計画を調整します。

 

注意点

工期の延長により、生活に影響が出る場合があります。

作業現場の安全と品質を確保するために、施工業者との円滑なコミュニケーションが重要です。

 

一般的な外壁塗装の期間は約1週間から2週間程度となります。

ただし、建物の大きさや状態、天候条件などによっては作業期間が変動する場合があります。

 

また、専門業者によっても作業スケジュールや期間が異なるため、

見積もりを取り納得のいくスケジュールで作業を進めることが重要です。

見積りをいくつかの業者で取る場合は、しっかりとコミュニケーションが取れて、

無理のないスケジュールを提案してくれるところに依頼しましょう。

 

カナルペイントではお客様のご要望やご意見に寄り添って、施工や仕様決めを行います。

外壁塗装を検討されている方は、ぜひ弊社にもお問い合わせください。

 

岡崎市の外壁塗装・屋根塗装ならカナルペイント

 


 


 

★無料診断、お見積もりはカナルペイントまで!

無料で診断、お見積もり、ご相談を承っております。どうぞお気軽にお電話やメールでご連絡くださいませ。

 

★WEB限定来店予約でQUOカードプレゼント!

塗装のことが見て、聞けて、体感できる外壁塗装専門ショールームのご予約はこちらから。

塗装の“分からない”を解決します。

 

★西三河年間施工実績300件以上!

地域の皆様にご愛顧いただき、おかげさまで西三河で年間施工実績は300件以上となりました。

カナルペイントの豊富な施工実績をご覧ください。