塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装工事のお話 > 外壁塗装時期のサイン |岡崎市・西尾市外壁塗装専門店カナルペイント

外壁塗装時期のサイン |岡崎市・西尾市外壁塗装専門店カナルペイント

こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

岡崎市・西尾市にて、地域密着で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修工事を行っています。

カナルペイントでは、外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修を気軽にご相談いただける会社を目指し、

岡崎市・西尾市を中心にサービスを展開しております♪

 

気が付けば2月ですね。

全国的にインフルエンザが流行しておりますが、皆様体調はいかがでしょうか?

カナルペイントのスタッフはみんな元気に出勤しています!

 

さて、今回は外壁塗装時期のサインのお話です。

 

皆様から

いつ頃外壁塗装を考えたらいいの?

新築から20年経ってしまった!家の外壁は大丈夫でしょうか?

等、ご質問を頂きます。

 

外壁塗装のサインは外壁のチョーキングとコーキングの状態を見て判断できます。

 

チョーキングとは?

外壁塗装は紫外線に晒されることにより、塗膜や塗料に含まれる顔料が破壊されます。

その破壊された顔料が外壁を触ったときに手に付着するチョーキングというものになります。

チョーキングが確認できる段階になるとなるべく早めの外壁塗装をお勧めしています

チョーキングが起こるということは、外壁材を守る役目をするはずの塗料が

破壊されてしまっている状態であるということです。

チョーキングがさらに進むと、外壁の割れや剥離と症状が進行します。

外壁自体や建物の躯体に症状が進行してしまう前に外壁塗装を行うことをお勧めします。

 

<チョーキング>

 

コーキング(シーリング)とは

外壁材の隙間を埋めるために使用するものです。

種類は変成シリコン、ウレタンなどがあります。

外壁材の隙間を埋めるシーリングも外壁塗装同様劣化していきます。

亀裂が入ったり縮んでしまうといった変化が起こり、そこから雨水が侵入します。

外壁塗装を行う際は必ずコーキングも一緒に打ち替えを行いましょう。

<コーキング>

 

今回は外壁塗装時期についてのお話でした。

外壁塗装をお考えの方、そうでない方も一度ご自宅の外壁塗装の状態をご確認ください。

当店にご相談いただければ外壁塗装専門スタッフがご自宅にお伺いし、外壁の状態を診断いたします!

ご相談無料ですので是非カナルペイントにお問い合わせください♪

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

無料診断・見積もり依頼はこちらから♪

ご来店予約はこちらから!