塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > メンテナンス > 外壁タイルのメンテナンスは必要?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

外壁タイルのメンテナンスは必要?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

皆様こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

9月ももう残りわずかですね。

私は夏が好きなので、終わってしまうのが寂しいです

この時期の夕日を見ると、なぜか切ない気持ちになりますよね、、

これからやってくる冬も色々なイベントごともあるので、

気持ちを切り替えて、一緒に楽しみにして過ごしていきましょう

 

さて、今回は【外壁タイルのメンテナンスの必要性】についてご紹介します♪

 


 

 外壁タイルのメンテナンスは必要? 

「外壁タイルのメンテナンスは本当に必要なのか?」

疑問に思われる方もいるかもしれませんが、外壁タイルのメンテナンスは必要です。

外壁と同様に約10年に一度のメンテナンスが必要になります。

タイルそのものは耐久性が高く、劣化しにくいため長持ちします。

しかし、接着面や目地の部分は徐々に劣化していくため、ひび割れてしまったり、タイルが剝がれてしまうようなトラブルが生じてしまいます。

 

 メンテナンスの時期は? 

外壁タイルのメンテナンスの時期は、平均的には約10年になりますが、

年数だけで判断すると、実際では補修レベルではないタイルもある可能性があります。

そこで、劣化状況の判断基準をご紹介いたします ‍

 

①目地がすり減っている 危険度★★☆

タイルの目地がすり減っている場合は補修が必要です。

放置してしまうと、見栄えが悪くなり建物全体がみすぼらしく見えてしまいます。

また、隙間から雨水が外壁内部に染みこみ、カビ・雨もりなどの原因になってしまうこともあるため、一度相談してみましょう。

 

②タイルが割れている 危険度★★☆

タイルが割れていると雨による内部の劣化が進みやすく、雨漏りに繋がる可能性もあります。

タイル割れについても、割れている場所のみの交換もできるため、早めに職人さんに見てもらうようにしましょう。

 

③タイルが浮いている・剥がれている 危険度★★★

最近では剥離が起こりづらい技術が向上しておりますが、

築年数が経った建築物に使われているタイルは剥離の危険があります。

外壁タイルが剥がれ落ち、通行人にあたるような重大なトラブルを引き起こしかねませんので、

浮きを確認したら、すぐに職人さんに調査してもらいましょう。

 

④タイルが汚れている 危険度★☆☆

タイルはもともと汚れが付きにくいい素材ではありますが、

雨やカビによってタイルが白くなったり、鳥の糞がこびりついてしまっていることも多いです。

外壁の多くのタイルが汚れてしまっている場合は、洗浄や交換のメンテナンスを考えてみましょう。

 

 

以上のポイントから劣化状況をチェックし、

適切なタイミングでメンテナンスを行っていきましょう ✨

 


 

カナルペイントは適切な工事に適切な金額をご提示し、

安心して塗装できるよう外壁診断・見積~塗装色決め~工事~アフターフォローまで

全て丁寧親切に対応しております。

お気軽にショールームまでご相談ください。

 

施工事例はこちら

雨漏り診断はこちら

ショールーム来店予約はこちら

カナルペイントの高品質塗装で納得価格メニューはこちら

お電話はこちらから↓

0120-558-355