塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > スタッフブログ > チョーキング現象とは?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

チョーキング現象とは?|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.06.08 (Tue) 更新

皆様こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

今日は朝から暑いですね!

お天気アプリで今日の気温を見たところ

お昼ごろから夕方にかけて30度いくそうですよ

午後からお出掛けする予定のある方は気を付けてくださいね!

 

さて、今回は【チョーキング現象】についてご紹介します!

 


 

 チョーキングとは? 

お家の外壁に触れた際に手にチョークのような粉が付着する現象のことです。

チョーキングが発生している状態は外壁の耐久性や防水性が低下しているサインなので

放置してしまうと雨漏りやひび割れ、藻・コケが発生しやすくなってしまいます

ですから、劣化が進んでしまう前にチョーキングが起きている時点で

塗り替えすることをおすすめしております

 

 

 どうしてチョーキングは起きる? 

塗料には色を付けるために必要な【顔料】

塗膜の性能を向上させる【添加剤】

塗膜の保護機能を持ち、グレードや耐久性を決める【合成樹脂】

の3つの成分で構成されています。

 

顔料は元々粉状のものなので、塗膜が紫外線や雨風に晒されていると

塗膜を保護している合成樹脂や添加剤の劣化が進んでしまいます

その結果、顔料がむき出しの状態になり、塗膜表面に粉が発生するようになります

 

 

 チョーキングが起こりにくくするには? 

チョーキングから外壁を守るためには塗料選びが重要になってきます!

現在、チョーキングで悩んでいるという方は下記の塗料で塗り替えを検討してみてください

 

①クリヤー塗料で塗り替えする

クリヤー塗料は無色透明な塗料なので顔料が含まれておらず、

チョーキングが起きることがほぼありません

ですが、透明な塗料なので外壁が傷んでいるとその部分もそのまま表れてしまうので

傷みの少ないうちに塗装する必要があります

 

②ラジカル制御型塗料で塗り替えする

塗膜は紫外線を浴びるとラジカルという劣化因子が発生し、塗膜を破壊していきます

それによって顔料がむき出しの状態になりチョーキングが発生しやすくなります

ラジカル制御型塗料は、ラジカルの発生を抑制してくれる塗料なので

紫外線によるチョーキングや色あせなどの劣化からしっかりと守ってくれます♪

 


 

カナルペイントは適切な工事に適切な金額をご提示し、

安心して塗装できるよう外壁診断・見積~塗装色決め~工事~アフターフォローまで

全て丁寧親切に対応しております。

お気軽にショールームまでご相談ください。

 

施工事例はこちら

雨漏り診断はこちら

ショールーム来店予約はこちら

カナルペイントの高品質塗装で納得価格メニューはこちら

お電話はこちらから↓

0120-558-355