塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > スタッフブログ > 外壁カバー工法を行いました①|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

外壁カバー工法を行いました①|岡崎市・西尾市の外壁塗装専門店カナルペイント

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.01.29 (Fri) 更新

皆様こんにちは!

愛知県岡崎市・西尾市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店カナルペイントです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

最近は低気圧が続いてるせいか頭痛が起きやすいです…

低気圧の影響で体調不良になる方結構いますよね

そういったときは耳をマッサージするといいみたいですよ!

私も実践してみましたが、これがなかなか効いてる気がします

ぜひ、低気圧で頭痛になりやすい方は試してみてくださいね!

 

さて、今回は【外壁カバー工法】についてご紹介します♪

 


 

 外壁カバー工法とは? 

外壁カバー工法とは既存の外壁材の上から

樹脂サイディングや金属サイディングを張って仕上げていく工法です。

張り替えよりも手間と費用がかからないため

現在の外壁に反りやクラック、割れなどの不具合が発生し、耐久性が心配という方や

外観のイメージを変えたいという方におすすめです♪

 

次に、実際に弊社で施工させて頂いたお客様の施工事例をご紹介します ‍♀️

 

 

 【岡崎市N様邸】 

BEFORE

AFTER

 

施工金額:106.1万(足場代含む)

施工日数:7日間

 

こちらのお客様は約20年前にサイディングの張り替えを

されたそうですが、一部の外壁の傷みが気になり

今回外壁のカバー工法をさせて頂く事になりました✨

 

 施工の流れ 

①足場の組み立て

高所でも安全に施工するために、足場を組み立てていきます。

 

②防水シート・胴縁取付

外壁に木材(胴縁)を取り付けていきます。

胴縁とは外壁にサイディングや合板などを張る際に、それらを固定させるための下地材のことです

胴縁と胴縁の間に空気層を作ることで、サイディング内に雨水が侵入したときに

雨水を排出しやすくなります✨

雨漏りが心配という方は防水シートを張ることもあります

 

③金属サイディングの張り付け

防水シートや胴縁を取り付けた後は、

その上から金属サイディングを打ち付けて固定していきます

 

④完成

金属サイディングを全て取り付け終わりましたら、完成です✨

以前のモルタル壁と比べ、スタイリッシュな外観になりました ✨

 

 


 

外壁カバー工法は既存外壁にひび割れや破損が発生している程度でしたら

対処が可能ですが、外壁内部の腐食が進んでいたり

既存外壁の寿命によって強度が低くなっている場合はカバー工法ができない場合があります

 

なるべく張り替えじゃなくてカバー工法で施工したい!という場合は

実際にお家の状況を見てからでないと判断が難しいため

一度、専門の業者さんに診てもらうことをおすすめします!

 

もちろん、弊社でもそういったご相談も受け付けておりますので

お気軽にお問合せください

 

 

カナルペイントは外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の専門店です。

岡崎市・西尾市地域密着でこだわりを持ち丁寧な仕事を重ねて多くの信頼と実績を積み重ねてきました。

地域密着だからこそ実現できる高品質・適正価格の塗装をお客様のお家を彩ります。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

 

岡崎市内、西尾市内、その他近隣地域にお住いの方はぜひカナルペイントにご相談ください!

カナルペイントを選んでいただいたお客様の塗装実績はこちら

見て、触って、体感できる!ショールーム予約はこちら

無料診断、見積依頼はこちら