外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・防水のカナルペイントのTOPに戻る

0120-558-355

Menu

close 閉じる

外壁塗装しないと、いったいどうなるの?? | お得・お役立ち情報

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・防水のカナルペイントのTOPに戻る
  • 会社概要
  • イベント案内
  • 来店予約
  • 資料請求
  • 無料相談・見積依頼
0120-558-355
岡崎店・西尾店のご案内

お得・お役立ち情報

外壁塗装しないと、いったいどうなるの??

2017.11.15

外壁塗装は、とても高価なお家のメンテナンス。なかなか気軽にできるものではありません。できればしない方が、経済的に助かるわぁーなんて思っている方いませんか?

 

でも、塗装は必ず劣化するもの…そしてそれをそのまま放置しておくとお家の痛みも加速化してしまいます。

まず、塗装が劣化しますと防水効果が失われます。そもそも塗料は色をつける「顔料」と「樹脂」でできているのですが、紫外線により塗膜効果のある樹脂(油脂分)が失われ、「顔料」だけが残ってしまうのです。顔料だけが残った状態では防水効果がなく、吸水率が異常に高くなります。防水効果の薄れた外壁は次第にもろくなり、そのまま放っておくと内部の骨組みにまで影響を与えてしまいます。

 

 

実は新築でされている塗装は、あまり年数が持ちません。コスト面と工期短縮を重点において「アクリル樹脂」の塗料が使われていることが多いのですが、他の塗料に比べこのアクリル樹脂は年数が長くもちません。さらに、新築時は「長期に長く保つ」塗装というよりは「きれいに色をつける」という塗装のため塗膜が薄く仕上がっています。そのため長く年数をもたせる事は困難になっているのです。劣化の目安としましては、壁を手でさわると白い粉が付く「チョーキング」現象が一番、目ではっきりと判断できる目安になると思います。

 

しかし、この「チョーキング」も日がよく当たる場所と、あまり当たらない場所では、よく当たる場所のほうが、早く起こりやすいので、あくまでも一つの目安です。
後は、年数です。これもやはり、だいたいの目安ですが、7~8年。もちろん、お家の状態によっては、4年や5年で塗り替えが必要な場合もありますが、この7~8年が耐候年数としては限界かもしれません。ただし、あくまでも目安であり、家によっては8年経っていても「チョーキング」が少ないお家も実際にあります。
しかし、家を長生きさせるためには、年数で塗装時期を判断するのが適正かと思われます。

 

カナルペイント
営業時間 10:00~17:00 水曜定休
0120-558-355
0120-778-276

岡崎店:岡崎市羽根北町2丁目1番地4
TEL:0564-57-1341
西尾店:西尾市寄住町若宮20-2
TEL:0563-53-5544

宅地建物取引業免許愛知県知事(2)第22387号
愛知県知事許可(特-27)第64269号
産業廃棄物収集運搬許可番号愛知県第02300161942号

Copyright (C) Kanal paint co,Ltd. All rights reserved(k)

気になる秘密はこちら
気になる秘密はこちら
  • 0120-558-355
  • 来店予約
  • 無料診断・見積依頼
ページトップ
ページトップ
  • 来店予約
  • 無料診断・見積依頼